男女の負担の割合は?

まず、結婚費用について話し合うために必要なのは新郎新婦がそれぞれどのくらいの割合で結婚費用を持つかということです。一番多いのは男性と女性がきれいに折半することです。どちらか一人のための結婚ではなく、お互いのために結婚なのですから、こうした費用も折半するというのは当たり前といえば当たり前なのかもしれません。しかし、例えば親族の数や友人数などは、必ずしもちょうど半分になるわけではありません。そのため、そうしたバランスを鑑みて関係者の多い方が多めに出すというケースも少なくありません。

また、男性と女性である程度の収入さがある場合は、収入が多い方が多くを負担するということも多くあります。いすれにしろ、ここでの費用負担のバランスでせっかく中の良かった関係性が崩れてしまうことのないように、しっかりとコミュニケーションをとっていきましょう。

こうした2人で費用を考えることは、結婚後の人生においては常に直面する課題ともなります。結婚の準備をそのための良い練習ととらえて楽しむながら行えるような余裕が持てればベストといえるでしょう。さらに、どのような内容にしたいのかお互いの意思をしっかり理解しておくのも大切です。

メインメニュー

サブメニュー

Copyright©結婚式の資金ってどれくらいかかるもの? All Rights Reserved.