けっこうかかる?結婚費用

結婚式は一生に一度の晴れやかな舞台となります。ですから、できるだけ自分たちの希望に副った結婚式を行いたいと思うものです。さらに、結婚式のあとの新居の準備なども行なわなければなりません。こうしたことを考えると心配になるのが資金です。どれくらいの資金があれば結婚することができるのでしょうか。

ますは費用の内訳を考えておきましょう。ますは婚約にかかる費用です。結納や顔合わせなどの食事会を考えると20万円ほどは見込んでおいた方が良いでしょう。さらに結婚には指輪が欠かせません。婚約指輪の価格はさまざまですが一般的に結婚指輪と合わせて50万円ほどになることが多いようです。さらに結婚式そのものにかかる種々雑多の費用で300万円近くかかる場合もあります。そのあとの新婚旅行の費用などもいれるとさらに高額になり、全体として500万円弱の費用が掛かることもあります。

もちろん、こうした費用は新郎新婦の意向でなくすこともできますし、逆にさらに豪華なものにして費用を変えることもあります。もちろん、すべてが自腹というわけではなく、両家の両親からの援助やご祝儀で賄える場合もありますが、当初の支払いは自費で賄わなければなりませんので基本的にはある程度の貯金がないと結婚は厳しいかもしれません。しかし、お金がないために結婚ができないというもの残念な話です。せっかくの幸せを前にして、何かと頭を悩ませることになる結婚費用について、細かく考えていきましょう。



◆外部リンク◆
結婚にかかる費用は人によって異なります。価値観の合うパートナーを見つけたいのはもちろんですが、婚活サイトのコラムやデータを参考にするのも一つの方法です・・・>お見合い 費用

メインメニュー

サブメニュー

Copyright©結婚式の資金ってどれくらいかかるもの? All Rights Reserved.